導入するだけで人件費などの諸費用が節約できる人事労務管理システム

オフィス

コスト比較で導入メリットが明らかになる人事労務管理システム

オッケーサイン

負担が増えつつある人事や労務管理業務に悩んでいて、何とかしてこれを効率化すべく、人事労務管理システムを導入する方向で検討したい人事スタッフやマネジメント職の人も大勢いるでしょう。しかしながら、システム導入は、言ってみれば先行投資ですし、導入後のメンテナンスコストも想定しておかなければなりません。それを考えると、システム導入のメリットを上層部に納得してもらうためには、いろいろな説得材料を用意する必要があります。
一番効果がありそうな説得材料は、やはり、導入とメンテナンスにかかるコストよりも、導入によって削減できるコストの方が大きいことを、具体的な数値で示すことでしょう。例えば、導入後に削減可能なコストとしては、人件費、消耗品代、それに地代家賃のようなファシリティ・マネジメント費用があります。消耗品代は、システム導入で幅広くペーパーレス化できることによるものです。また、人件費は、業務効率化のお陰で少数精鋭で業務処理可能なことによるものです。
そして地代家賃は、人事労務管理関連書式ファイルの保管場所としてレンタルしている外部倉庫がある場合、これが不要になるため節約になります。この各々に関してどの程度コスト削減が可能かを試算することで、導入メリットを主張するのに必要な資料を用意できるでしょう。